結婚指輪・婚約指輪の素材について

結婚式にはウエディングドレスの他にも、結婚指輪や婚約指輪などの理解も重要です。宝飾品に使われるリング素材の種類は沢山ありますが、結婚・婚約指輪に使用されるリング素材には
主に大きく分けて『プラチナ』と『ゴールド』の2種類になります。

また、一言でゴールドと言ってもそのカラーには、一般的にゴールドと言ってすぐに思いつく
“イエローゴールド” や最近人気の “ホワイトゴールド” キュートでカワイイ “ピンクゴールド”
ちょっと変わったところで “グリーンゴールド” など4色もあります。

彼女に最高の結婚指輪・婚約指輪を!ってことでここでは指輪の素材について紹介いたします。

■プラチナについて

プラチナ(PLATINUM)は主に宝飾品によく使われる銀白色のきれいな貴金属です。 “白金(はっきん)”とも呼ばれ、日本で使われる結婚・婚約指輪の素材の中ではダントツで1番人気です。

特に日本人女性には人気があって、世界の宝飾品に使われるプラチナの1/4が日本で使用されているそうです。

変色や変質もほとんどなく耐久性にも優れていて、プラチナがもつ純粋性と希少性だけでなく、

美しさを維持できるという “不変性” が=『永遠』を意味すると言う事もあり日本の女性が好む理由のひとつになっています。プラチナの純度については『Pt』に三桁の数字を組み合わせて『Pt900』や『Pt950』などと表記されます。『Pt』とはプラチナの元素記号の事で、18世紀に発見された17番目の元素なのです。

一般的に『プラチナ』と言えば純プラチナ含有率85%以上100%以下のことで、宝飾品等もプラチナ製と呼べるのはこの範囲までのことを言います。例えば『Pt900』はプラチナの含有量が90%であることを示していて、残りの10%に使われる金属を工夫することにより質感や硬度、傷に対する耐久性を強くすることができます。

宝飾品によく使われる純度のものはPt900・Pt950・Pt1000の3タイプが一般的で、その純度によって趣きや風合いが変わってきます。

また、プラチナは傷などに対する耐久性に優れていると言いましたが、純度に比例して強度が増していくものではありません。純度の高いプラチナは柔らかく、純度100%のPt1000のものより純度95%のPt950のものの方が硬く、Pt950のものよりPt900のものの方がより強度は増します。

しかも、変色や変質をしないという点は見た目の美しさが変わらないという事の他に、表面が酸化しないので、金属アレルギーをお持ちの方でもアレルギー反応を起こしにくいと言う事になるので肌に優しく安心して使用できるなど良い事ずくめなんです。

それに、生産量は金の30分の1以下と極端に少ないのでとても高価で、宝飾品の素材としては最高ランクに位置づけされます。

■ゴールドについて

日本では結婚・婚約指輪の素材にプラチナを使う事が多いと言いましたが、欧米でブライダルリングと言えば、実はこのゴールド(GOLD)が一番人気なのです。

 

その中でもイエローゴールドが特に人気で、特徴としては腐食しにくく、輝きが失われないという事があげられます。また、イエローゴールドの不変性が “悪魔から身を守る”とされているそうです。

純度については一般的に『K(カラット)』に二桁の数字を組み合わせて『K24』や『K18』などと表記されます。K24が純度100%で、K18は24分の18、つまり金の含有量が75%と言う事で『750』と表記される事もあります。

残り25%に銀や銅、その他にニッケルや亜鉛を入れたりもします。他にK14やK10などもあり、K14は金の含有量が24分の14(約58%)。K10は24分の10(約42%)になります。

ゴールドもプラチナと同様に純度に反比例して硬度を増していきます。K24の純金のままだと柔らかすぎて宝飾品には不向きですので、少し他の金属を混ぜてK22(約92%)にしたりK20(約83%)にしたりして硬度を上げていきます。

硬度を上げると傷が付きにくくなるので良いのですが、その分酸化しやすくなり、アレルギー反応を起こしやすくなるので金属アレルギーをお持ちの方は金の含有量がK14以下の宝飾品はさける方がいいですね。K18以上をオススメします。

 

『ホワイトゴールド』は見た目はプラチナとなんら変わりなく見えるうえに金額はプラチナより安価で済むので最近では日本でプラチナに次いで人気のある素材の一つです。

一般的にプラチナ同様、ホワイトゴールドもロジウムメッキ仕上げという仕上げをする事によりさらに外見で区別する事は困難になります。

またホワイトゴールドを直訳すると『白金』とも書くので『プラチナ』=『白金』=『ホワイトゴールド』とよく混同する方がいるのですが、全く別のものになります。

ホワイトゴールドというのは純金にパラジウムと銀を混ぜる事により白色の金が作れるのですが、通常のイエローゴールドよりも比重が重くなるのでゴールド素材の中では高価になります。安価にする為に他にニッケルなどを含んだものもあるのですがアレルギーを引き起こす原因になるので注意が必要です。

また、最近では普通のイエローゴールドにニッケルやクロムメッキ加工をしただけの物も見受けられるので購入の際には注意をして下さい。最初の見た目は同じなのですが、使っていく内にメッキがはがれイエローゴールドになっていく事になります。

 

『ピンクゴールド』はゴールドとは思えない可愛いピンクの色合いを持つ素材で、日本の女性の肌の色にも馴染みやすくホワイトゴールドに並ぶ人気を誇ります。

ピンクゴールドは純金に銀や銅を混ぜる事によりピンク色の金が作れます。実はこのピンクゴールドは非常に加工が困難な地金なので、ジュエリーを作るときには高い技術力を持つ信頼ある工房にお願いする事をオススメします。ちなみに、混ぜる銀と銅の割合で銅を強くする事によって赤みを帯びた『レッドゴールド』になります。

 

イエローゴールドの物と比べてみると少し緑がかった色合いを放つちょっと変わった素材です。

実はこのグリーンゴールドはピンクゴールドの兄弟と言うか親戚と言うか・・・なんせ純金に混ぜる金属はピンクゴールドと全く同じで銀と銅になります。

ピンクゴールドとは逆に今度は銅より銀の割合を強くする事により、どんどん白み帯びて緑がかった発色をするような明るい色調のゴールドになるのです。

婚約指輪や結婚指輪にプラチナが選ばれる理由

それにはプラチナという金属の特質に訳があるのです!それは・・ 

プラチナはほぼ劣化しない=変色しない

そうなんです!プラチナは化学的安定性がとても高く、独自の色調を保てることができるのです!

シルバーだと温泉に行ったら真っ黒になる!、とか、ホワイトゴールドだと表面のメッキが薄れてきて色が変わってくる!とか変色の心配が多々ありますが、プラチナは温泉でつけて入っても大丈夫!熱や酸に強く地金そのものの色が変色しない特徴があり、日常生活において使っていてもその色も変わることはないので安心して使っていただけるのです!

やっぱり毎日つけていたいものですから、変色を気にしていたら普段使いづらくなってしまいますよね。

『 一生変わらない色 = 一生変わらない愛の証 』

なぜシルバーやホワイトゴールドは一般的に結婚指輪として使われないのか、外見は同じようでも全くの別物、金属の特質によってあまり適さない、という事になりますね。沢山ある中から一生のものを選ぶのは大変かと思いますが、地金の特性も頭に入れておくと又選びやすくなることでしょう。素敵な指輪選びが出来るようになり、婚約指輪・結婚指輪が必要な時、彼女の前でカッコよく決めてください♪

check

埼玉県 貸倉庫
http://saitama-fact.com/
ペット保険 比較
http://claver-hoken.com/
復縁
http://hukuen-ranking.com/
着物のレンタル
http://www.tomesode-myselect.com/
婚約指輪
http://tanzo-diamond.jp/

Last update:2016/3/1